ご挨拶

理事長・岩井二郎のメッセージ

   理事長 岩井二郎

私はこれまで船橋国際外語学院(FILS)日本語学科の運営を通じて、諸外国の学生と教職員とともに多文化共生の理念を実践してまいりました。
日本語学科では日本語を学ぶだけでなく、実は学生のほとんどが日本での進学を目指しており、受験科目を教えるなどの進路指導も重要な役割となっております。
これまでの卒業生の中には、大学等への進学を経て日本企業への就職を果たし、日本での生活基盤を築いた人、また母国へ帰って日本との大きな架け橋となっている人も多数おります。
この精神を受け継いだインターナショナルスクール船橋(ISF)は、多文化共生の理念のもと、海外留学を目指す生徒には、語学習得とグローバルな視野を培わせます。また日本語を母語としない生徒には、日本語と教科の指導を通じて日本の高卒資格を取得させ、希望する進路や夢を実現してもらいたいと思います。
そして皆さんが国際人として立派に成長し、国際社会の一員として豊かな日本と世界を共に作っていただきたい、それが私の願いです。
2009年4月22日 スリランカ人青年層に対する教育と国際貢献活動に対して、スリランカ農務省Maithripala Sirisena農務大臣より感謝状を、Ryon青年協会より楯を授与されました。
同時にスリランカ国営テレビニュースで報道されました。

 TV Lanka NEWS 再生  (約5分)
ページトップへ

資料請求

電話での問い合せ

QRコード 携帯からもインターナショナルスクール 船橋のサイトをご覧いただけます。
*携帯へURLを送信


グループサイト

船橋国際外語学院

日本語教師養成講座

戦略経営総研